--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.29

大地の子

風邪がかなりダラダラと続き、先週1週間はほぼ何にもしてない状態でした。まぁ今日もまだノド痛いし鼻水あるけど、まぁ治ってきたと実感できるぐらいにはなった。それにしても、まだ昼前なのにすんごいすんごいすんごい・・・睡魔が・・・・・なんでだろ・・・・・・
こんな1週間もダラダラと風邪ひいて、仕事勤めしてたらエライことやったなぁ・・・・とノンキなことを考えていたけど、でも実際働いてるほうが、ムリにでも体動かしたり、仕事してることで気が紛れたりして、治りが早いもんじゃないかと思ったよ。w

んで、10日ぐらい前からかなぁ・・・・全4巻の文庫本になっている、山崎豊子の「大地の子」をちょろちょろと読み始め、先週のうちに読み終わり。しかも最後は後半の3・4巻を一気に同じ日のうちに読んでしまうぐらいハイスピードで読んでしまった。
戦争孤児として中国に取り残されてしまった、日本人の過酷な運命を描いたものであります。
前半はけっこう文化大革命の中で受けるひどい拷問なんかの内容がいきなり来るもんだから、気分が重たくなってあまり一気に読む気にならなかったのもあるけど、それにしてもこんだけの量の小説をこんだけの短時間で読みきったのは初めてっていうぐらい、グイグイ吸い込まれて、とてもよかったです。

大地の子はNHKでドラマ化され、私も全部みてたわけじゃないけど、このドラマで上川隆也を知ったと思う。全部みてなかったからストーリーの全容は全然知らないまま今回小説を読んだわけでありますが、私、いかに中国の歴史を知らないかを思い知りましたよ。
読み始めて、政治的な内容がよくわからないので、wikipediaで「文化大革命」「毛沢東」とかそんな関連項目をいろいろ芋づる式に読み漁って、「ふふん・・・・そうなのか・・・・」と軽く知識を仕入れつつ、読んでました。そうでないとそもそも「文化大革命」が何だったのかもわかってなかったし・・・・。。
世界史で中国の歴史を習った経験って・・・・・ほとんどないかも・・・・。

高校の時の世界史なんて・・・先生の趣味で?、教わったのはもっぱら西洋史だし、しかも覚えているのはローマとかルネッサンスとか暗黒期とか西洋史の中でも、特にローマを中心にしたヨーロッパの歴史・・・・・・のみ。w
イタリアのウフィッツィ美術館の「ウフィッツィ」は英語の「オフィス」の意味で、とか、そんなことを覚えているのであるが・・・・・w


で、まぁ、文化大革命とか、天安門事件とか、そういう言葉は「聞いたことがある」程度で、何が原因で何の目的で、どうなって・・・・っていうことはほっとんど知らなかったわけです。
まぁwikipediaでその項目を読んだからといって、歴史の流れを前後して知らないとよくわからんかったりもするんですけど・・・・
それにしても文化大革命とか、こんな遅れたヒドイことが戦後、しかも私の生まれる直前まで起こっていたっていうのがビックリです。中国は社会主義の国であり、日本の民主主義とは大きく違う国ということは知識としてわかっていても、経済的なことはわりと資本主義的なところもあるし上海や北京といった中国の中の大都市は、写真やテレビで見る限り、ネオンがきらめき、活気あるレストランが立ち並び・・・といったことぐらいしか知らなかったので、こんな理不尽な歴史が、しかもなぜ「革命」という名で行われていたのか・・・・・ピンとこないままではあります。

これだけの小説を書くのに、どれほどの準備が必要だったかを考えると、山崎さんてすごい人なんだなぁと思います。
私は彼女の小説を読んだのはこれが初めて。
あとは、キムタクが主演していた「華麗なる一族」をドラマで見ていた(ドラマ見ない私が珍しくほぼ全回みた)のと、田宮二郎が主演していた白黒映画の「白い巨塔」を見たことがあるぐらい。
だからこの二つに関してはぜひ原作を読みたいと思ってます。

テーマメキシコ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです、さなです。
私も10年前に、大地の子を読んで以来、山崎豊子ファンです!
大地の子を地下鉄で泣きながら読んでました!?
個人的には、不毛地帯が一番です。長いので、読み応えがあるので、お勧めです!!

>さなさん
こんにちは~
なんか、小説読んで泣けたってあんまりなくて、なんとなく「じぃん」とするところはありつつも、涙までは出なかったのです。。。ついてた帯には「涙なくしては」とかいったフレーズが書いてあったのに、「あれ?これって泣く小説やったん?」とか思ってどこで泣くんやろーって感じで、というかそれ以上に、引き込まれてすごいペースでどんどん読んでたので泣く間がなかったという感じかもしれません・・・。
不毛地帯って何のテーマを扱っているのか、調べてみます~!
メキシコにいて、持ってる日本の本が限られているので、たまたま貸してもらってたので「とりあえず日本語の作品読もう」っと読んだんですが、日本にいてたら、相変わらず「長編やし・・・・」と思って山崎豊子には手をつけていなかったかも・・・。笑
このページの記事
  • スポンサーサイト
  • 大地の子
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2012年05月29日 (火)
  • 02時20分57秒
  • この記事にはトラックバックできません。
プロフィール

solecito

Author:solecito
メキシコで生活もうすぐ4年目・・・!

--------------------------------
お願い
--------------------------------
申し訳ありませんが、本ブログ(トップページおよび各記事・写真)へのリンクを他に貼ることは一切お断りします。知らないうちに知らない場所に私の記事が・・・というのは嫌なので、持ち出しナシでお願いします。どうしてもという場合はまずご相談ください。またトラックバックもお断りします。

カテゴリ
月別アーカイブ
何かありましたらこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。