--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.15

テキーラ Jose Cuervo工場見学記

さてテキーラエクスプレスを経験した翌日は、グアダラハラから車で、本当のテキーラのふるさと、「テキーラ」という町を訪ねることにしました。
テキーラエクスプレスもよかったけど、工場見学の内容がちょっとガッカリだったので・・・・。
テキーラっていうところには、またいくつものメーカーがあるのだけど、Jose Cuervo ホセクエルボかSauza サウサのどちらかを目指してテキーラまで走り、たまたま先に見つけたのがホセクエルボのほうだったのでホセクエルボに入りました。

ホセクエルボは世界でテキーラのシェアナンバーワンのブランドだそうです。
ホセクエルボっていうブランド名は、創業者の名前からきていますが、クエルボっていうのはカラスの意味で、それでホセクエルボのロゴはカラスです。

見学・試飲ツアーには4種類ほどあって、一番高いVIPコースはひとり600ペソぐらいだったかな~
私たちはひとり230ペソぐらいの、下から2番目のコースに参加。

申し込みカウンターがかわいかったです
536589_10150777316900443_655895442_9857530_1939543170_n.jpg

前日のエラドゥーラとはまた全然違う雰囲気で、かなりキレイでオシャレに造ってある感じです。
着いてから、ツアー開始まで時間があったので、まずはかなり広いおみやげコーナーをうろうろ・・・・
帰りに何を買うか目星をつける・・・

当たり前だがテキーラいろいろどどーん
562084_10150777318520443_655895442_9857538_823804222_n.jpg

デザイナーたちの限定ボトル・・ひとつ買いました。(ツアー終わってからね)
156459_10150777319370443_655895442_9857542_997999764_n.jpg

これけっこう高級テキーラのラインナップ。
578250_10150777324625443_655895442_9857569_408962808_n.jpg

テキーラ以外にも、メキシコ全土の民芸品や、ホセクエルボオリジナルグッズもいっぱいありました。
543283_10150777317605443_655895442_9857534_317028881_n.jpg

写真には撮ってないけどテキーラケーキやマルガリータケーキなんかも売っていたのでテキーラケーキだけ買ってきたわ。まだ食べてないけど。

それからバーで飲み物を飲んで(バナナのマルガリータってのを飲んでみた。ちょっと微妙だった)、休憩しているうちに、ツアー開始!

スペイン語と、英語と、両方のガイドさんを用意してくれていて、スペイン語組、英語組、10分程度の時間差で始めてくれます。行ったのも平日だったのもあり、全部で3~4組程度しかその時はおらず、うちら以外はおそらくアメリカ人の団体だったので、スペイン語のガイドのお姉さんにはうちらだけがついたので、プライベートツアーみたいな感じでした。
これはよかったと思う。同じツアーでも他の家族その他大勢でぞろぞろっていうのと、気楽さが違う。なので行くなら平日オススメかも!

581970_10150777326130443_655895442_9857586_1484632295_n.jpg

さてさて
工場に入る前になんだかクラシックカーが並べてあった。昔の、フォードやシボレーのかわいい車。これが何の車で何でここに置いてあるのかは知らない。w
558472_10150777328700443_655895442_9857615_1177546120_n.jpg

このあたりは前日に見たものと大差なく。アガベを加熱するオーブンたちです。
実際に山積みになっているアガベにホセクエルボのシンボル、カラスが飛び交っていたのがビックリ!
CIMG3265.jpg

CIMG3267.jpg

そして中へ・・・・
545729_10150777333770443_655895442_9857631_105241538_n.jpg

またもや加熱後の甘くなったアガベの試食!
もう味は知っているけど・・・・拒むほどでもないので一切れまた食べる。w
CIMG3269.jpg

CIMG3268.jpg

この先、最初の蒸留?を行うゾーンになるのですがなぜかここだけは写真撮影が禁止。
しかしここで、まず最初の試飲・・・・寝かす前の、「蒸留したての、純度100%のアガベの液体」っていうものをごく少量いただきました。なんと、アルコール度数、55度!一気に飲まないと飲みづらいです。けっこう強くガツンと来るので飲み干したあと意味不明なガッツポーズを繰り出してしまいました。
しかし飲んでから少しすると、アルコールの強い刺激が去り、爽快感が口とのどに広がり、「サワヤカリフレ~ッシュ~」みたいな感じがしましたよ。

それから違う建物に移り、樽が寝かせてあるゾーンへ・・・・

えっとその前に、アガベの絞りかすを再利用して紙に加工したりしてるみたいです。エコ。
75213_10150778153125443_655895442_9858177_900088868_n.jpg

樽にも種類があって・・・
オーク樽をローストする度合いを変えることで、テキーラに与える味わいが変わります。
ちなみに樽も、ここホセクエルボで作っているそうです。
582018_10150777336825443_655895442_9857644_2131844608_n.jpg

寝かせる時間の違いによる、テキーラの色の変化・・・
CIMG3275.jpg

また試飲。そうそう、こういう、樽からの直出しテキーラを待っていたのだよ~!
577372_10150778162265443_655895442_9858178_129319675_n.jpg

樽どっさり
574887_10150777335160443_655895442_9857637_187010637_n.jpg

ひとつ、ここで、疑問が・・・・
「一度使われた樽は、一度で廃棄されるのか、使いまわしされるのか?」っていう疑問がふとよぎった。なぜなら、新品の樽に入れられたテキーラと、3年熟成に使われた後の樽に新たに入れられたテキーラだったら、味が変わってしまうじゃないか・・・?
お姉さんが言うには、「1回では捨てません、繰り返し使います。だいたい1つの樽は10年ぐらい使います。」
「だったら味が変わるのではないですか?」
「なので、新品の樽に入れるのは、アニェホ(熟成期間がおおむね1年以上の長いもの)、それの製造が終わったら次にその樽に入るのはレポサド(熟成期間がアニェホより短く数ヶ月程度のもの)、で、その後にブランコ(熟成期間が2週間程度とかなり短いもの)・・・っていうふうなサイクルで使うので味の大きなバラつきが出ないようになっています」とのこと。
ほほ~~!!
勉強になりました。私は小さい頃、たまに家族旅行で山梨のサントリーのウイスキー工場に夏になると行っていたのでありますが、当然小さすぎてウイスキーの味も説明も記憶もなく、こんな疑問も持ったことがなかったわけで・・・大人になったなぁ!

続いてはテキーララボラトリー部のある前に置いてある、テキーラのできるまでを表した絵画を見ながらオーディオ説明・・・・
550189_10150777338880443_655895442_9857651_813672793_n.jpg

写真をクリックして拡大してもらうとわかりやすいのですが、写真の真ん中に、銅色した釜があり、そのすぐ左側に人間よりでかい樽がありますねぇ?その中に人間が中に浸かってるのが見えますね?
これは・・・・わざとテキーラの中に生身の人間が浸かることで、汗がしみだし、バクテリアだか酵母だかなんかその働きを、人間の汗によって促していたらしい・・・・・・
もちろんこれは昔の話ね!!

さて続きましては、テイスティングの時間です!
豪華なお部屋が続く建物に移りまして、その一部屋に入ると、
ジャジャーン
CIMG3279.jpg

こ~んな試飲が待っていたとは!
ワインのようです。
美しいな~
CIMG3280.jpg

グラスの下に敷いてある紙には、こんなことが書いてあります。
CIMG3385.jpg

つまり、熟成期間によって異なる主な3種類、ブランコ・レポサド・アニェホがそれぞれ用意されています。

それからこんなものも。アロマを確かめるためのものと、お口直し用の胚芽ビスケット。
398219_10150778261160443_655895442_9858186_99820157_n.jpg

さてお姉さんのレクチャー聴きながら、グラスまわしてみます。
CIMG3282.jpg

手の温度が伝わらないように下を持てと言われ、そしてテキーラをくるくるとまわし、グラスの中をその液体の落ちる形跡をみます。これは言葉では説明するのが難しいのですが、ツツ~と垂直に垂れる跡が残るテキーラでないと、良質のテキーラではないそうです。

グラスを斜めにし、グラスの口の、手前3分の1、グラスの中心、奥の3分の1・・・・という具合に徐々に匂いをかぐと、違ったアロマが広がってます。

CIMG3284.jpg

ブランコはトップノートがシトラスの爽やかな香り、レポサドはシナモンのようなスパイシーさ、アニェホは甘いアガベ・・・・という説明がなされました。それから、テキーラの粘度というのか、重たさというのかまろやかさというのも、熟成期間が長いものほどマッタリとしたテキーラになってきます。

ブランコから順に、飲み干して、ビスケットと水で口直しをし、そして次に移り・・・また説明を聞きながら・・・という感じでゆっくり楽しみました。

CIMG3289.jpg

ふぅ全部飲んだ!
CIMG3285.jpg

CIMG3286.jpg

こんな贅沢な雰囲気の試飲はほんとうれしい~。
口の中での転がし方、ワインのように「これは肉にあう」とかの飲み方とか、いろいろ薀蓄まで語ってくれるので、とても為になりました。

あっ、ひとつ・・・テキーラをショットグラスで飲むとき・・・・wikipediaにも書いてあるけど、塩とレモンを口にしてから、テキーラを流し込む・・・ってのが正統派だと思っている人!・・・私は、何度か書いているように酒+塩っていう組み合わせがどうも嫌いなのでテキーラ飲む時も、塩やレモンを使わず、そのままテキーラだけ飲むことが多いのですが・・・
お姉さんによれば、この「塩+レモン」でテキーラをクイッと飲む、というやり方は、昔々の、テキーラがもっとアルコールが強く粗野な味をしていた頃の名残だそうで、今はマイルドで洗練されているので、あえて現代のテキーラでそういった飲み方をする必要はない・・・ということです。ホホホ!

涼しい部屋でテキーラレッスンを受けながらテイスティングをした後・・・・
今度は地下へ!
560264_10150777342200443_655895442_9857669_61535153_n.jpg

なんと、テキーラの高級品、「レセルバ・デ・ラ・ファミリア Reserva de la familia」(ファミリー専用・・・本来は外に流通させる用ではなく、ホセクエルボ一家だけで楽しむために大事に作られてきた、「とっておき」みたいなもの。それが数年前から、毎年わずかな本数ながら販売もされるようになった)っていう名のテキーラをまた飲ませてくれる!
樽から直接ついでくれます。
535304_10150777345120443_655895442_9857684_1631542437_n.jpg

ブランデーのような感じ。
535207_10150777343005443_655895442_9857672_244232698_n.jpg

これもおかわり自由!・・・といってもそんなにガバガバ飲むものではないのでね・・・
地下の、湿りつつも涼しい空気の中で、薄暗い雰囲気の中で飲むテキーラも、忘れがたいです・・・

前日もテキーラを飲み、この日もこんだけテキーラ飲んで、なんかもうかなりいい気分・・・
しかも高級品まで飲ませてくれて、ツアー値段のわりにこれはかなり満足感のある工場見学でした。まさにこういうものを期待してたんでね~!
お姉さんの知識もしっかりしていたし、とてもよかったです。

私はテキーラ見学に行きたいっていうことであればこの、ホセクエルボをオススメします!
実はホセクエルボにも特別列車があって、週末だけしか走ってないみたいですが、テキーラエクスプレスとはまた全然違う、高級感ある列車になってるみたいです。

買ってきたおみやげの一部・・・
CIMG3383.jpg

夫はアニェホが気に入った、と、テキーラマイスターシリーズからアニェホを購入。手書きのシリアルナンバーつき。
CIMG3384.jpg

メキシコ人にとってテキーラってもちろん身近で、夫ももうなんか「テキーラって、飽きた」って感じで、あまりテキーラは好んで飲まなかったんですが、今回のテキーラツアーで「またテキーラファンになった」って言ってさっそく開けてちょこちょこ飲んでます・・・私もこんだけ知らなかったことをあれこれ教えてもらうと興味がわきました。

ふー写真多くて長い記事になったけど、これでテキーラ見学記おしまい~。

テーマメキシコ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

このページの記事
  • スポンサーサイト
  • テキーラ Jose Cuervo工場見学記
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2012年05月15日 (火)
  • 07時15分00秒
  • この記事にはトラックバックできません。
プロフィール

solecito

Author:solecito
メキシコで生活もうすぐ4年目・・・!

--------------------------------
お願い
--------------------------------
申し訳ありませんが、本ブログ(トップページおよび各記事・写真)へのリンクを他に貼ることは一切お断りします。知らないうちに知らない場所に私の記事が・・・というのは嫌なので、持ち出しナシでお願いします。どうしてもという場合はまずご相談ください。またトラックバックもお断りします。

カテゴリ
月別アーカイブ
何かありましたらこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。