--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.30

トルティージャを手作りする

もうご存知の通り、私はメキシコの主食トルティージャ(念のため・・・=小麦粉もしくはとうもろこし粉を練って薄くひらたくして焼いたもの)が嫌いなので、買うとすれば夫が買いたい時だけ。
まぁ、嫌いって言っても、私はとうもろこし粉で作られたトルティージャがどうしても苦手(料理の仕方によっては気にならない時もある)で、小麦粉のトルティージャなら、まだ食べられる。だもんで、市販のやつを買っても、夫しか食べないので、一袋食べきる前に傷んでしまって・・・ということもたびたび・・・。
んで、小麦粉のトルティージャの市販のやつ(トルティジーナ)も、ビンボの食パンみたいに、ものすごく、なんか防腐剤か漂白剤か知らんけど、薬品みたいな嫌な匂いがする・・・。

もうホームベーカリーで日本と同じ食パンも作れるし、トルティージャも自分の家で必要な時に必要な分だけ作れば、ステキじゃない・・・・と思い・・・手作りに挑戦してみることに。

・・・と思ったのも、たびたび勝手にブログ拝見している、カナダにメキシカンの旦那さんとお住まいの、Preciosaさんの、手作りトルティージャ記事を読んで、写真もおいしそうだし、「思ったより簡単そう・・・だったら一度試してみよっかな~!」と、思い立ったのがキッカケです。
とりあえずレシピも、もちろんこれも何通りもあるようなんですが、Preciosaさんがブログに載せておられたレシピ★ トルティーヤの作り方 ★で挑戦させてもらいました。(リンク許可はいただいてます。ありがとうございます~!)

作るにあたって、こんなものを買ってきました。

fc2blog_20120630014804c5e.jpg

トルティージャの生地を丸めたものを中心に置き、この道具で挟んで押してやると、薄っぺらい、円形のトルティージャができあがるっていうもんです。トルティージャ・プレス、トルティジェロっていうもの。しっかしこれ、本来はずっしり重たい金属製。とりあえず安物を・・・と買ってきたのがダメだったのか・・・・おそらくこのプラスチック製の安物のせいで・・・・ゴニョゴニョ

それから、2月に自分の家族とユカタンに旅行に行った際、買ってきたトルティージャケース。ほんと、トルティージャをあんま食べないので今の今まで使ったことがありませんでした!w
fc2blog_2012062904354904b.jpg

実はこれ、ユカタン半島のマヤ族のコミュニティを貧困から救うというプロジェクトのもとで生産されたもの。
fc2blog_201206290438391c4.jpg

文字がうまく写ってなくてすみませんが・・・・。これを買ったのは、あの、携帯の電波も何もない、アシエンダを利用したホテル「アシエンダ・テモソン」の売店なのですが、こういったハンドメイドの製品がいっぱい置いてありまして。
トルティージャ入れも、全部手編みです。それで、製品のひとつひとつに、直筆で、この製品を作った人の氏名、コミュニティ名、原材料名(エネケン)が書かれています。「あー、この人の製品はきれいだな~仕事丁寧だな~」って思うものから、今回私が選んだのは若干他のと比べると、編み目もちょっと粗く、編み終わりの部分の繊維も飛び出していたり、完璧な仕上がりにはちょっと遠いものでしたが、この色に惹かれまして。深みがあって上品がある色っていうか。

んで、トルティージャを焼くための、コマル(まぁ、ほんとに種も仕掛けもない、単なる鉄板。)も買ってきまして・・・準備万端~!

今回私が買ってきたとうもろこし粉は・・・・コレ。
maseca-amarilla-detalle.png

ほんとは、これじゃないノーマル版のほうが主流・・・けれど黄色いコーン粉っておいしそう!ってことで買ってきたんだけど・・・まずはやっぱりノーマルの粉で試すべきだったかなぁ・・・。

あのー、いろいろ必死だったんで、製作中の写真はありません。

初めてとうもろこし粉ってものを扱いましたが、なんていうか、水を加えると、小麦粉とは違って、サラッとした陶芸の粘土に似た触感がいたしました・・・ちゃんとこねるとまとまるけど、どこかモロモロとしている感じ。

んで、意気揚々と丸めた生地を、トルティジェロに挟んで、ぐぐっとプレスすると・・・・・

んん。。。思ったほど薄っぺらくならない・・・・・・・

と、とりあえずそのまま焼いてみるか、と熱した鉄板(油も何もひかないで)に載せる・・・
うん、なんか、ピカディータスにでもできそうな・・・・(とは言い過ぎだけど・・・)
思った以上に・・・・分厚い。分厚い分、ちゃんと中まで火を通さないと・・・・と、やっていると、けっこう硬くなってくる。クルンと何かをくるむトルティージャには程遠い!
味は、黄色いとうもろこし粉のせいか、ほんのりコーンの甘みがして、悪くないけど。メキシコで主流の白いとうもろこしのトルティージャより私は好きだ。
んでも、何度か挑戦しているうち、このプラスチック製の安物プレッサーがあんまりよくないのかも??と思い、挟んで押しつぶした上からさらにゲンコツでどんどん叩いてやったりもした!まぁ、そうすると少しは薄くなってくれたけど、なんか、市販のものほどではない・・・・・
私、トルティージャは薄ければ薄いほうが好きなんですけど・・・

というわけで思ったものには程遠く、なんか微妙に生地に厚みがあるので火を通そうとするあまり、生地は当然鉄板の上で乾き始め、硬くなり始めて、何かをくるむということがけっこう難しい状態に・・・・。。味自体は悪くなく、まぁちょっと塩を入れすぎたみたいですが・・・(私はこんなもんかな、と思っていたけど、夫が「塩辛い」と言った)。。

そんでね、昨日は、手作りしたトルティージャで、エンチラーダを作ろうと思っていたわけですよ。
こないだレストランで食べたやつね。軽く油に通したトルティージャでササミなんかを包み、折りたたんで、上からクリームやサルサをかけたもので、トルティージャもサルサも何かも手作りでやってやろうと思って。

しかし、帰宅した夫にお手製トルティージャを試食させた段階で、「いや、エンチラーダ作るのにこのトルティージャは向かない」っていうんで、私は「黄色い甘みのあるとうもろこし粉で作ったトルティージャだから向かない、って言ってんのかな」って思ったのですが、どうも話を聞いていると、手焼きのトルティージャがそういう料理には向かないとか言ってるようで・・・・
つまり手焼きトルティージャとなるとどうしても市販のものよりは若干厚みも出て、硬くなる。だかららしいんですが・・・でも、なんていうか山奥とか田舎行ったら、メキシコ人のおかーさんたちはいっつも手焼きでトルティージャ作ってて市販のものなんて買わないと思うんだけど・・・それともそういうところではエンチラーダとかそういう料理は作らないんでしょうか・・・そうは思わんのだけどなぁ・・・・
まぁ夫がいうには、こういう手焼きトルティージャは、スープのおともに、ちぎって食べるのに向いてるっていうことらしい。
というわけで、急遽偶然残っていた、スーパーで買ってきてあった普通の白コーントルティージャでエンチラーダス作らせてもらいましたよ。

だから・・・まぁ、わたし的には、もっと薄くできれば、やわらかくできると思うんだけどな・・・・!役立たずのプレッサーめ!(わかんないけど) あとはもしかしたら、ちょっと小麦粉でも足せば変わるのかなぁ・・・。。。それか、黄色いとうもろこし粉じゃなくて白いとうもろこし粉ならよかったのか?もっとやわらかい、クルンとラップできるトルティージャ目指してもう少しがんばります。

ちなみに、今朝の夫の朝食用に、朝からまた残った生地で、今度はテフロンの普通のフライパンで焼いてみましたけど、鉄板ほど火の通りがよくないようで、焦げ目も全然つかないし、あんまりトルティージャ焼きには向いてない気がいたしました。
本来は、トルティージャを焼く時、鉄板の上に、石灰の粉?をまくんです。どういう作用があるのか知らない・・・と書こうと思って今wikipedia見ていたら、ちゃんと化学的反応の理由があるようですね。栄養摂取の観点と、プラス、粘り気のないとうもろこし粉に粘り気を与えるらしい・・・。。そ、それが原因か・・・?
でも初めてその粉をまきちらした上でトルティージャ焼いてるのを見た時は、ビックリしました。何の粉かわからず、夫と会話を重ねて、「・・・ええぇ?あの、学校のグランドに線引くために使うやつ!?」ってことがわかり、「体に悪くないのかのぅ・・・」と気になりましたが・・・。

ちなみにその時の見学の様子
CIMG2388.jpg

トルティージャプレスは使わず、手で神業のように均等な平べったい円形トルティージャに成形します。実演してもらって、教わりながらやったけど・・・・もうこれはほんとに難しい!餃子の皮と違って強度がないので破れやすいし、手にくっつきやすいし、掌で生地を均等に伸ばすなんてそりゃ初心者にはムリっすわ。この現地のおかーさんは毎日トルティージャを手作りしているらしく・・・(売り物にするんだったかな)そりゃもううまかったです。

材料は簡単とはいえ、思った以上に、おいしい手作りトルティージャにたどりつくには、厳しい道のりのようですな・・・・
スポンサーサイト

テーマメキシコ
ジャンル : 海外情報

2012.06.27

すっぱレモングミ

前回初めてグミ作りに挑戦した時の反省を踏まえて、今回再挑戦~。

グミにしてみてわかったのは、「原液の時点で、酸味と甘みを強いと感じるぐらいにしておかないと、グミになった時にあんまおいしくない(味が薄く感じる)」っていうこと。
というわけで前回は粉末のゆず茶パウダーを使っただけだったのですが、今回は、レモン(ライム)の絞り汁で!
さっきやわらかく固まりかけたグミを試食したら前より断然おいしかった~!

あんまり私は自分で作っておいしかったレシピを載せないんですが(だいたいネットや本で見た誰かのレシピをベースにしていたりするし、自分の好みの分量をいちいちあんまり人に教えられるほどきっちり計量してないので・・・)、これはめっちゃ簡単なのでたまには載せてみる。

私はグミを作るためにわざわざシリコン製の製氷皿を買いましたが、だいたいこれで原液100cc作ればOKです。当然製氷皿によって必要な量は変わってくるのですけど。

こんなやつね(グミ入ってる状態)
fc2blog_20120627060919241.jpg

100cc作ればいいだけなんで簡単なんですけど、

・レモン(ライム)汁を85~90cc=つまり作る原液量の9割ぐらいレモン汁!
・砂糖はお好みで・・・・だいたい大さじ3杯ぐらい?加える(グミの場合は冷えた状態で食べるので甘めでもいいと思う)

その、レモン砂糖汁に、ゼラチンパウダー15gを振り掛けて(ゼラチンパウダーに液体を入れるというのは厳禁だと思います・・・)、レンジでゼラチンが溶ける程度にチンする(40~50秒程度か?)

かき混ぜて、味を見て、砂糖足すなり。

んで、気持ちちょっとだけ水を足して全体で100ccにし、ゼラチンが溶け切ってなければもうちょっとだけレンジを15秒ぐらいして、砂糖もゼラチンも溶けた状態に・・・・

それを、軽くサラダ油を塗った製氷皿に入れて冷やすだけ~!

グミといってもゼラチンで作ってるだけ(いわばゼリーの超ハード版)なので、常温に戻ったり手でじっと持つときっと柔らかくなるか溶け出すんじゃないかな・・・あくまでも冷えた状態で食べるものだと思います。

今度、市販のジュースで作ってみようと思うけど、それでも、ジュースにさらにレモンで酸味を加えたほうが、グミになった時に味がしまるんじゃないかな~と想像してます。まぁ好みだろうけどね。甘いだけのグミが苦手なもんで・・・。





・・・・・今書いてて、気付いたけど、今日グミ作る時、ゼラチン半量しか入れてないわww
メキシコで売ってる、ゼラチン(無糖)パウダーは、違うメーカーでも、たいがい、7g入り×4袋入りなので、前回は2袋使ったのに、今日は1袋しか使ってないことにいま気付いた・・・。
硬さも好みなんで!!あんまりゼラチンが多すぎると、ものすごくゼラチン臭くなるのでね・・・


【追記】
この記事書いてから、グミを改めて試食すると・・・・
うん、やっぱり半量のゼラチンだと、単なるレモンゼリーだわ。グミ、ってするにはやっぱり倍(2袋)使うべきだな。
あと、なんか、酸っぱすぎるかもwww レモン汁の量はきっと80%弱・・・でいいかも。

テーマメキシコ
ジャンル : 海外情報

2012.06.27

ケムリまどろみ

天窓から入る太陽の光が、当然時刻によって太陽の高さとともに、入ってくる光の角度と陽だまりの位置が変化するのですが、たまに放っておくと、その陽だまりを追うように、その位置にスッポリはまってケムリが寝ていることがあります。
かわいいのよ。

fc2blog_20120627035219244.jpg

ちょっと今日のこの写真は陽だまりのピンポイントからはずれてるけど。
日向が好きみたいです。たいがいどの犬もそうだと思うけど・・・
特にケムリはキューバ原産の暑いのが平気な犬なので、特に好きなんかなぁとも思うけど・・・そのわりにすぐヘタって冷たい床にペタンとお腹くっつけて寝転ぶけど・・・。

ちょうど、ケムリを迎えてから1年が経とうとしてる。遊びに行ったクエルナバカのペットショップで見つけ、買ってきたのが、ちょうど1年前の、6月末だったと思う。
振り返ると、たとえば「結婚してから1年」とか「日本出てから1年」とか「仕事やめてから1年」とか、いろんなことを振り返っては「もうこんなに時が経つのが早いのか・・・」と愕然とするような・・・・。

犬ってさ、人間の子どもほど手はかからないし、放っておいても死なないし、夜泣きもしないし(←まぁこれは犬によるか)、イタズラして腹立つこともあるけど、それでも静かで落ち着いてるし、私と言い合いにもならないしw、なんか、ええよねぇ。
初めて飼った犬にしては、まぁまぁ躾がうまいこといってるかなぁ、と思う。トイレも、早く覚えたし、当然あらぬところでされて怒ったことも数回あるけど、「新聞(もしくはトイレシート)の上で」って教えてあるから、初めて行く家にお邪魔しても、新聞さえ置いてやればそこでやるので、あまり心配がない。
ただ、ひとつ、誰かが玄関の前を通ったり車が家の前に来たりすると、それがたとえ誰であってもワンワン鳴くように・・・・。。。人が入ってくると吠えるのはやめて遊びまくる・・・・。それ以外は目の前にいる人間に向かってワンワンと鳴くようなことはないんですが。。相手が玄関の向こうで見えない状態だと警戒して知らせるためか・・・・でも見知らぬ人でもとにかく訪問者が大好きなので、いったんその人の姿が見え、近づける状態になると、見たことのないおっさんだろうが、寄って行ってピョンピョン飛び跳ねる。・・・ので番犬には向いてないみたいですけど。w

しかし、どうも、私はケムリに見下されているポジションが確定しているようで、散歩の時はコントロールできない状態に。リード外して、芝生のスペースで走り回らせてやりたいのに、私一人しか付き添っていないと、もうそこから走り去って行き、よそ様の家の前に行ったり、庭に入って、どんどん逃げて、やりたい放題!夫がいると絶対そうはならないんですが・・・・・・。。。追いかければ追いかけるほど、ケムリは「してやったり」的に、どんどん離れて行くし、こっちも、あくまでも関心のない素振りをして、「あんたなんかつかまえませんよ」っていう顔をしてゆっくり近づいて行き、ケムリが気を抜いている隙に、ガシッッッ!とつかむ・・・・・
だから私だけの散歩の時は、もうリードは外してやることはできません。ほんっとに散歩の時ほど言うこと聞かなくて・・・。

当初飼った「モチ」君の悲しみから考えると、1年間、病気せずに健康に育ってくれていることに感謝ですなぁ・・・。

テーマメキシコ
ジャンル : 海外情報

2012.06.26

久々の晴天

雨季のため、断続的に強い雨が降ったり、朝から曇っていたり・・・という日々が続いてますけど、今日は朝から青い空!
でも、夕方になるとまた雨が降るかも?(なぜか、強い雨はたいがい夕方4時前後か・・・深夜・・・ってことが多い)ってことで、昼間でのうちにたまった洗濯物とかバスマットとかを洗っていた・・・

そして!お昼をいつもより早めに食べ・・・・・
今日はコレにした!

fc2blog_2012062604125152b.jpg

湖国の味でございます。鮎家のセットでございます。
意外と、わかさぎとあみえびがめっちゃ好みだった!
私は鮎の塩焼きが大好きなんだけども、小鮎の飴煮はちょっと苦味があるもんなのねぇ。
えびは好きだけどこういう小さいえびは苦手な私・・・(殻ごとっていうのがイヤなんだと思う)、日本だったら手をつけないけど、こんな日本の味は貴重なのでちゃんといただきました。
あとはりはり漬けの小袋も開けたし・・・・・

たぶん・・・・ご飯1合半ぐらい食べたかも(爆)

5種類が1パックに入ってしまってるので、いったん開封したら全部開いてしまうのが残念だが、残りはこんなふうにして冷蔵庫へ♪

fc2blog_20120626041305801.jpg

お弁当のようだ・・・・日本じゃお漬物も佃煮も、あんまり食べない私。「あー、食べたいなー」と思うことがほぼない。でも最近急に食べたくなってね・・・。

fc2blog_2012062604170019c.jpg


んで、送ってもらった無印の布ぞうりがめっちゃ気持ちいい!でももちろん裏はそのままなので、普通の床では滑りそうなんで、土足じゃないところで使います。あとピアノ弾く(ペダル踏む)時に使おうかな?
布ぞうりは以前から興味があるけど、つま恋(ap bank fes)で、おば(あ)ちゃんたちに教わりつつ半分以上手伝ってもらいながら、必死で仕上げた布ぞうりが思った以上に難しかったので、ありゃ一人で習得するんは不可能だな。ってことがわかり、道は絶たれております・・・・・・でも履き心地はゴムやビニールのビーチサンダルなんかより数段気持ちいい・・・・自分で作れたらすばらしいんだけどな・・・。
てかうちの母親に習得するように言ってみようかな??ww

今日は一気に洗濯もして掃除ももう済ませたし・・・・床が乾いたら、そうね、ミスチル観るか、アダムCDを爆音(ヘッドフォン)で聴くか、ピアノ弾くか・・・・

テーマメキシコ
ジャンル : 海外情報

2012.06.26

メキシカン朝食

昨日はとりあえず怒りのチェリーについて書いたんですが。

チョルーラのソカロで何を食べたか・・・・
朝ごはんメニュー。

ジュース・コーヒー(おかわり自由)・フルーツがついて、メインを選ぶっていうやつで、58ペソ。安いね。
私は例によってコーヒーは飲まないので代わりに紅茶を飲みましたけど、それもお代わり自由か、そもそも別料金かわからなかったので、1杯しか飲んでなかったら・・・会計みたら58ペソに含まれていたのでお代わりしてもよかったなー。←

メインは何にしようかめっちゃ悩みましたが・・・・

悩んだ挙句、エンチラーダ。

fc2blog_2012062600513975c.jpg

辛いのが苦手な私のために、めっちゃクリームをかけておいてくれてます・・ので見た目が白い・・・

えー、そもそも、こんな超メキシカンな食べ物を頼むこと自体、私にとって進歩ですよ奥さん。しかも朝ごはんに・・・昔はほんとこういうの、体が拒絶してたのもあるしほしいとも思わなかった・・・
まず、こういうメキシコ料理は、油脂分が多い・サルサからい・嫌いなコーン生地のトルティージャが使われている・・・・っていう理由でめったに私食べない。でも、なんとなく、こうして暮らしていると徐々にどうでもよくなってくるっていうか、たまに、こういうものに対する抵抗が低くなることがありまして。
メニューみてたら中にフリホーレスがくるまれてきそうな書き方がしてあったので、「フリホーレス抜きで!」と頼んだけど、お皿の端っこにのって出てきた。まぁ、よけたらいいのでたいしたことはないけど、最初から絶対に食べないとわかっているものを、わざわざサーブしてもらうのも、食べ物がもったいないので毎回どこのレストランでも、必ずフリホーレスだけはお皿にのせてこないようにお願いしてます・・・。

基本的に、サルサはベルデ(みどり)とロハ(あか)の2種類が基本中の基本のようにどこでも用意されてますが、実は赤いのって最近になるまでめったに食べなかったんです。なぜなら・・・赤いほうが見た目的に辛そうだから!まぁ実際に赤いほうが変に辛味が強いこともあるんで、赤いほうが私には危険・・・ということで避けてきたんですが、だからといって、緑も当然唐辛子を使っているので、辛いし、あんまり好きではなく。最近気付いたのは、私、どうも緑のほうが、水っぽくて、青臭くて、苦手かも・・・。。嫌いなコリアンダーも使われてることもあるからねー。ってことで、赤いのにたまに挑戦してみると、そりゃめっちゃ辛いのだとダメだけど、赤いトマトが大好きな私からすると、赤いサルサのほうがホッとする味かも、って思って、これからは赤専門でいこうと思います。w

エンチラーダって、コーン生地のトルティージャに鶏肉なんかをくるんで、その上に、サルサ、クリーム、チーズをかけたもの。だいたい生のタマネギリングがトッピングされてくる。
一方夫が食べている、彼の好物のチラキレスは、トルティージャを適当なサイズに切って揚げたものに、鶏肉、サルサ、クリーム、チーズをかけたもの・・・・トルティージャが揚げてあるとは言え、熱いサルサかけられて、時間たったらグタグタになりますし・・・・。これまた生のタマネギがのってくる。
何が違う料理やねん!って言いたくなる・・・口に入れたら同じもんですよ。。w

あーお腹すいた!
昨日はこの「朝食」を、お昼ごろに食べ、かなり満腹になったので夕ご飯も食べなかったんよね~~
だから今すんごいお腹すいてる!!朝ご飯にコーンフレーク食べたけど・・・
今日のお昼は、日本から届いた、サバの缶詰かお漬物かちりめん山椒か鮎の煮つけか!
そのために、お米2合炊いてます!ww

テーマメキシコ
ジャンル : 海外情報

このページの記事
  • 2012年06月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2012年06月27日 (水)
すっぱレモングミ
2012年06月27日 (水)
ケムリまどろみ
2012年06月26日 (火)
久々の晴天
2012年06月26日 (火)
メキシカン朝食
次 >>
プロフィール

solecito

Author:solecito
メキシコで生活もうすぐ4年目・・・!

--------------------------------
お願い
--------------------------------
申し訳ありませんが、本ブログ(トップページおよび各記事・写真)へのリンクを他に貼ることは一切お断りします。知らないうちに知らない場所に私の記事が・・・というのは嫌なので、持ち出しナシでお願いします。どうしてもという場合はまずご相談ください。またトラックバックもお断りします。

カテゴリ
月別アーカイブ
何かありましたらこちらから↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。